題:虫  東住吉高校2年 中谷 萌さん

(男の子が一人、扇風機の前に座っている。紙をちぎってまわるプロペラの中へ入れる。

何度も何度も同じことのくり返し、父入ってくる。)

父   けん太。けんボ〜!何しとんねん。

けん太 お父ちゃん、僕聞いてんけどな。

父   あぶないやんけそんなことしっとたら。

けん太 なぁお父ちゃん。

父   何や。

けん太 僕な。

父   おい!!この紙・・・わしの書類やんけっ。

けん太 お父ちゃん。

父   わしの書類。

けん太 僕なぁお父ちゃん。

父   けん太!!お父ちゃんの書類!!けん太悪いことしたらなんて言わなあかん?

けん太 ごめんお父ちゃん。

父   わかったらええんや。わかったらな。

けん太 あんなお父ちゃん。

父   おぅ。

けん太 僕聞いてんけどな。

父   おぅ。

けん太 僕の口ん中に虫おんねんて。

父   虫?

けん太 何か小っちゃくてな、まるいヤツ。

父   あ?・・・あぁ、ほんなら歯医者さんに行かななぁ。

けん太 何で?

父   何でてそら、そのままにしとったらイタタになんで?

けん太 イタタ?

父   そのまんまにしとったらなぁ、虫さん大きなってまうんや。

けん太 虫、大きなってほしい!

父   何でぇ。

けん太 口開けたら虫逃げてまうもん。

父   すでに口開けてしゃべっとるやんけ。

けん太 いややいやや。

父   あんなぁけんボ〜よぉ聞けよ。その虫はなぁわるいやっちゃでぇ?

ものすごわるいやっちゃ。

けん太 ええもんやもん!

父   何でわかるん。

けん太 生きもんにわるいもんなんておらん!

父   けん太。そんなこと誰に教えてもろたん。

けん太 おっちゃん。

父   どこの。

けん太 学校の帰りにいつもおるおっちゃん。

父   それ確実あやしいなぁ。もぉ近づいたあかんで。

けん太 僕の虫、ちょうちょになる?

父   さぁなぁ、わからんわ。

けん太 ちょうちょになったらええなぁ。

父   けんボ〜、ホンマに口ん中に何かおるんか?

けん太 虫いてる。

父   ・・・・・ちょおホンマに口開けてみッ!

けん太 いやや

(セミの声、父、扇風機をとめる。)

父   お母ちゃん!

けん太 お母ちゃん買いもん行ってる。

(父、扇風機をつける。けん太、扇風機に顔を近づけ「あ〜〜〜〜」と言う。)

父   おっ。

(父、けん太の口を見ようとする。)

けん太 なぁお父ちゃん。

父   お、何や。

けん太 口開けて?

父   お、よっしゃ。(開ける)

けん太 おった。

父   おった!?何がや。

けん太 ウソ。

父   ウソ!

けん太 その書類。お父ちゃんのちゃうで。

父   え。

けん太 お母ちゃんの。

父   あ、ホンマやお母ちゃんの名前かいてある。

けん太 朝書いてた。ほんでどっか言ってもぉた。

父   買いもんやろ?

けん太 ・・・・。

(けん太、扇風機に顔を近づけ「あ〜〜〜〜」と言う。

父も並んで「あ〜〜〜〜」と言う。)

 

コメント

独自の雰囲気があって、楽しい作品ですね。

この場だけをふくらませるとすれば、けん太の口を

開かせるのにもうひと勝負させるのもよいでしょうか。

 

おかあさん、離婚届書いてたりしてることとか、

怪しいおっちゃんとか、これからの展開を想像させるし、

人物像が浮かんできて、秀逸な出だしと思います。味がある。